そう。それは中学3年生の時でした。

「TMネットワークのサポートしてる人がユニット組んでデビューするんだって!」

当時一世を風靡していたTMネットワーク。
コンピュータミュージックを駆使した、キャチーなメロディとコード進行、
そして小室哲哉の整った顔立ちが、世の多感な中学生の心を鷲掴みにしていました。
そんなグループのサポートメンバーがデビューすると聞いて、興味のない中学生などいません。

「B'zっていう2人組のバンドらしいよ!」

しかし興味はあるものの、受験生の大切な時期という事もあり、その時はそれほど盛り上がらずに卒業を迎えました。

・・・・・

私が深くB'zを知ったのは翌年、高校1年生の時でした。
偶然同じクラスになった幼なじみの女の子(Nさん)が追っかけもする程のB'z・TMネットワークのファンだったのです。

Nさんは、牧瀬里穂似のかわいい子でした。
幼稚園の頃からの幼なじみという事もあり、話も合い、家も近所、通学路も全く同じですぐに親しくなりました。

ある日、

「これ聞いてみてよ」

とカセットテープを手渡されました。
中身は彼女が選曲した、B'zのオリジナルベストテープでした。

打ち込みのビートが気持ちいい「BAD COMMUNICATION」、
哀愁を感じるメロディが美しい「Easy Come, Easy Go!」、
夏の日差しを感じる「LADY NAVIGATION」・・・

私はこれがきっかけで、次第にB'zの虜になっていきました。


・・・・・


そんな高校時代を思い出させる出来事が最近あったのです。


ある日パソコンに電源を入れてもOSが起動しなかったので、
BIOS POSTを見たところ・・・


ALONE
















あっれーー・・・・・?
確かWesternDigitelの200GBのHDDが付いているはずなのに・・
なんで稲葉浩志と松本孝弘が認識してるんだ・・・??
何かミエナイチカラでも働いているじゃろかー?

ねがいを込めてリセットボタンを押しても同じ症状。

で、中を開けてSATAのケーブル変えたら直りました。
ケーブルが原因でこんな症状出るか普通!?
(以後発生していないのでHDDやマザーではなかった様子)


・・・・・


ちなみに、Nさんにはその後振られる事になるのですが、
振られた後はB'zを聴かなくなり、代わりに電気グルーヴにハマリ、
ナゴムレコードというサブカルの世界にズブズブとのめり込んだ結果
一風変わった高校生活を送る事になりますが、それはまた別のお話。

(第1部・完)


アローン。