米Microsoftは2月2日に配布した「Windows 7」および「Windows 8.1」の「Windows Update」で、これまで「オプションの更新プログラム」としていたWindows 10へのアップグレードを推奨される更新プログラム」に昇格させた。

自動更新に関連するプログラムは「
KB2952664」と「KB3035583」。Windows Update上の概要には「この更新プログラムをインストールすると、Windowsの問題が修正されます」としか説明されていないが、詳細情報を見ると前者のタイトルは「Windows 7アップグレード用互換性更新プログラム」に、後者は「更新プログラムにより、Windows 8.1および Windows 7 SP1にGet Windows 10アプリをインストールする」となっている。

l_yu_win10[1]

Windows Updateを自動アップデートにしているWindows 7/8.1ユーザーは、今回のアップデートでWindows 10へのアップグレードが自動的に始まる。

ただし、“アップグレードで端末のOSが変わる前に、アップグレードを続けるかどうかの意思確認を行うためのプロンプトを表示する”という。また、アップグレードしてしまった後でも、31日間は前のバージョンに戻せるようになっている。


ITmediaニュース様 記事より抜粋

現状Windows7/8.1を使用しているユーザーはWindowsアップデートをする際Windows10へのアップデートプログラムのチェック項目の所を必ず確認してください。

Windows10に対応しているPCであればまだいいのですが、対応外PCだと正常起動できなくなります。

具体的には東芝の場合は
http://dynabook.com/assistpc/osup/windows10/target/index_j.htm

> 2013年7月以降発表の機種をサポート対象としていますが、
> ごく一部、サポート対象外となる機種があります。
> 2013年7月より前に発表した機種で、サポート対象となる予定の機種はありません。


と、2013年7月以降の機種以外Windows10にしてはいけないようです。
「Windows10にするライセンスがある」のと「この機種がWindows10で動く」のは別の話ですから、気を付けましょう。