本日はインクの違いについてお話ししようと思います。

まずはこの画像をご覧ください。

BlogPaint


インクの型は違いますが同じ黒のインクです。
ただ、赤丸で囲まれたところの表示がちょっと違いますね。
顔料染料と書いてありますが、何が違うんでしょうか?

実はこれ、油性ペンと水性ペンのような違いなんです。

顔料インクは紙にあまり染み込まず、色の境目がくっきり出やすいインクです。
また、水がかかっても染料インクより滲みづらく、掲示物やポスター等に向いてるインクと言えますね。

染料インクは紙に良く染み込み、鮮やかなグラデーションを表現したり、
風景や人物等の写真印刷に向いていますが、顔料と比べると水気に弱く、水滴などで滲む事があります。

どちらが良い悪いとかではなくて、仕様用途によって得意不得意が違うんですね。


プリンターの機種が変われば使うインクカードリッジも変わりますので、
顔料、染料にこだわりがある方は、事前にインクがどちらかを確認した方がいいかもしれないですね。

ちなみにエプソンは4色インクが顔料で、6色インクが染料のようです。
他のメーカーは黒が顔料でその他の色は染料のようですので参考までに。
詳しくはメーカーのホームページでご確認ください。