パワーデポ探検隊-青森店

パワーデポ青森店のイベント情報や入荷連絡・お知らせを綴ります。

    グラフィックボード

    グラフィックボードを担当している鈴木@青デポです。
    GeForceのGTX960が発表になったのでGeForceの早見表を更新しました。

    vga


    注意として上記の表の比較はあくまでも目安です。
    複数のレビュー等を総合的に判断しておおよその比較表となっています。
    比較するゲームやベンチによって上下する可能性もあります。
    (ってか解禁になったばっかりなので情報が少なく比較が難しい……)


    パワーデポはあなたの快適なパソコンライフを応援します。

    suzu
    ご来店お待ちしているデポ!!




    おはようございますヾ(゚∀゚○)ツ三

    遂に東北初の優勝旗獲得なるか?!興奮気味の“さる”です。
    (*゚ー゚)θL(。・_・)         °~ヾ(・ε・ *) 

    今週は『グラフィックカードはどんな時に使う?』で行きます
    「いまさら…」という方は…飛ばして下さい…
    (`・ω・´)


    グラフィックカード、グラフィックボード、ビデオカード…呼び名は様々ですが用途は一つです

    「パソコンの映像処理能力をUPさせたい!!」

    そんな時にパソコンに追加するパーツがこの基盤、グラフィックカード(以下グラボ)です♪

    では「どういう時に必要になるの?」という事になってきます。
    実例を挙げてご説明致します。
    m9( ゚Д゚) ドーン!

    まず「パソコンを使って何をするか?」から始まります。
    動画編集・ゲーム・図面作成…用途は様々ですが、最近“さる”が
    遊んでいるゲームを例にご説明致します。
    〆(゚_゚*)フムフム

    検索サイトで必要な情報を仕入れます。
    メインとなる情報は【必要なパソコン性能(スペック)】です。
    「やってみたい事」 「推奨スペック」』で検索してみましょう。

    例えば…
    サミー 777 推奨スペック
    と入力し、“Google”で検索してみます。
    すると…

    検索サンプル


    この様な検索結果が出ました。
    一番上の“動作環境 - パチスロ・パチンコ777 TOWN.net”を見てみましょう。

    777

    ↑がこのソフトを動かす為に必要な【スペック】となります。
    ・プロセッサ(CPU)・メモリ・ハードディスク
    以上3点は現行品のパソコンであれば、ほぼクリアしていると見て良いでしょう。
    問題は《赤線》で囲んだ『グラフィック』の項目になります。
    ここに記載されている
    【NVIDIAR GeForceR GTS/GTシリーズ】
    【AMD Radeon™ HD4000シリーズ 以上】
    が、必要なグラボの性能になります。

    【IntelR HD4000】
    は【CPU】に標準搭載されている『グラフィック処理』の型番です。
    最新の【CPU】(型番3000番台)でi-7もしくは一部のi-5で対応している製品があります。
    φ( ̄Д ̄ )ホォホォ

    ちなみに『777TOWN.net』とは、ネット上で遊べる[パチンコ・スロットゲーム]
    8月20日より、山佐大好きな“さる”が大喜びのあの名機
    【モンキーターン】がプレイ出来ちゃう激アツゲームです。

    もんき~

    あの【鉄拳2nd】も近日登場!!
    鉄拳

    その他人気機種も多数遊べます♪

    らぐーんあらじん

    さらに沢山出すと景品や商品券10万円分も貰えちゃう♪
    実践前にたっぷりシミュレーション出来ちゃいますよ!!
    わぁいヽ(゚ー゚*ヽ)(ノ*゚ー゚)ノわぁい


    話しを戻します。
    性能を満たしていないと、これらが快適に楽しめない…ということになります。
    ショボーン (_ _|||)

    では、「安定した動作が行えない」とはどういうことか?
    簡単に言うと、ほとんどの場合《カタカタ、ガクガク》動きます。
    ハッキリ言ってイラっとします
    ヽ(`Д´#)ノ ムキー!!

    この「不安定な動作」を解決するパーツが【グラボ】です。
    φ(.. )メモシテオコウ

    『777』の他にも用途いろいろ…
    ゲームでは『モンスターハンターフロンティア オンライン』『TERA』
    『ファンタシースターオンライン』等はグラボ搭載機種はスムーズに動きます。

    画像編集では『Adobe』関係のソフトをお使いの方には
    【nVidia Quadro】シリーズがオススメです。
    より細かく作業が行えます。『CAD』で図面編集を行う方にもオススメのパーツです。
    Σ(゚Д゚)スゲェ!!

    端的に言うと【グラボ】は、パソコンの処理の内、
    《映像処理》《音声処理》を分担してくれるパーツです。
    【グラボ非搭載】のパソコンは【CPU】が処理を行うため、負担が大きくなってしまいます。
    パソコン内での処理を分担することで、サクサク・快適に操作が行えるようになるのです。
    ( ̄ー ̄)ニヤリッ

    ただし…
    【グラボ】はノートパソコンやメーカー製のデスクトップには搭載出来ない場合が殆どです。
    電力量やパソコン内のスペースの関係上、これは仕方のないことなのです。
    パソコン買い換えの際にはこの点も考慮してみては如何でしょうか?
    ( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

    【グラボ】には性能差がかなり有ります。
    ¥2,000の物から¥80,000の超高性能の製品まで、幅広く存在します。

    「性能差がどのくらいなのか?」
    「自分には果たしてどの位の商品が適切なのか?」
    「今持っているパソコンには搭載出来るのか?」
    「グラボ搭載パソコンはいくら位で買えるのか?」

    ご質問はパワーデポスタッフまで♪
    m(_ _"m)ペコリ お願い致します。


    という事で今回は《グラボとは何だろう》という事で『必要性』『機能面』
    のご紹介をさせて頂きました。
    本日も最後まで読んで頂きありがとう御座いました
    <(_ _*)> アリガトウゴザイマス

    『モンキーターン』、グランドスラム達成はもう無理…の“さる”がお伝え致しました!
    ヤレヤレ... ┐('~`;)┌.

    mail_banner_s


    人気ブログランキングへ ブログパーツ


    徐々に注目が集まってきています。
    クリエーター、CAD向け仕様、イングスのご紹介です。
    DSC_0173









    DSC_0172









    ings-candc


















    特徴は、マルチコアCPUと、Quadroグラフィックスの組み合わせによる
    各種有名アプリケーションへの最適化です。

    今回は、上記イングスに搭載している「ELSA NVIDIA Quadro製品」の
    ご紹介をさせて頂きます。
    ------------------------------------------------------------------------

    ●○●インデックス●○●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    1, 今、話題のAdobe CS6のご利用に最適なELSA NVIDIA Quadro製品のご紹介
     Point 1) ELSA NVIDIA Quadroとは? 
     Point 2) Adobe CS6の様々な魅力とELSA NVIDIA Quadro
     Point 3) お客様のご利用用途に合わせて製品を用意

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    【NVIDIA Quadroとは?】の続きを読む

    ASUS ENGTX460
    FFXIV用グラフィックボードとして人気のGeForceGTX460ですが、
    特に人気の高いVRAM1GB版が店頭在庫分入荷しています。

    今回入荷分はお盆特価?って感じでちょい安です。

    店頭販売価格:23,980円(税込)

     1GB版は希少で入荷量が少ないので、ネット通販各社をみても安く売ってないんですよね。
     もしくは価格掲載はあるが、電話したら「実は予約受付中なんです」なんてことも。
     現在青森店には5本フリー在庫がございます。是非、2枚購入してSLI構成してみてください。

     ちなみに、MSI社製1GB版のGTX460 2枚構成(SLI)とi7 870の組み合わせで、FFXIVベンチHiモード4000点くらいでした。これくらいのスコアなら余裕でプレイ出来そうですね。

    あ、店頭販売のみでお願いします。他店への移動もお断りいたします。


    人気ブログランキングへ ブログパーツ

    品薄のハイエンドグラフィックボード
    Geforce 480/470 
    数本ずつしか
    入荷しないので、お早めに!

    今日(25日)現在、青森店在庫は
    Leadtek
     WF GTX480
     WF GTX470

    各1本ずつです。

    ご予約や、価格の問い合わせは、
    お電話でお願いします(・◇・)ゞ

    人気ブログランキングへ

     グラフィックボードとは、パソコンの画面描画を「よりきれいに」「より速く」「より大画面に」処理させる為の拡張ボードです。パソコン内部に増設する基板です。

     このグラフィックボードが搭載されていないパソコンの多くは、メイン基板である「マザーボード」に搭載された「統合型チップセット」というものが画面描画を行なっています。
     これは画面も映すし、音も鳴らすといった具合に、様々な作業をこなす汎用型ですので、能力的には画面を映す専用のグラフィックボードには及びません。
     また、マザーボードに搭載されたものでも、画像処理能力が高いグラフィック専用チップが搭載されたものも一部存在します。しかし、専用のグラフィックボードには及びません。

    そこでグラフィックボードの増設です!

    【こんな用途にグラフィックボード】
    1.パソコンで3D描画の最新ゲームを楽しみたい。
    2.パソコンでBlu-Rayを高画質な映像で楽しみたい。
    3.地デジチューナーボードを入れてパソコンでテレビを楽しみたい。
    4.古い世代のパソコンをワイド画面に対応させたい。
    5.2画面とか3画面とか、とにかくパソコンの画面を増やしたい。

     実に様々な用途で役に立つグラフィックボード。残念な事に全てのパソコンでお使いいただけるわけではなく、増設可能なパソコンとそうではないパソコンに分かれます。また、世代によってパソコンに取り付けるためのインターフェースが様々ありますので、我々パワーデポにお手伝いさせてください。
     正確なパソコンの型式、もしくはマザーボードの型式が分かれば、用途に応じて適切な製品をご提案いたします。また、パソコンの形状によっては、インターフェースの規格が合致していても、物理的なスペースの都合で入らないという事も考えられます。電源の容量も確認が必要です。
    ちょっと面倒ですが、パソコンを持ち込んでいただければ確実ですよ。

    続きは各用途別のご説明となってます。 【グラフィックボードを増設しよう】の続きを読む

    このページのトップヘ