パワーデポ探検隊-青森店

パワーデポ青森店のイベント情報や入荷連絡・お知らせを綴ります。

    動画をパソコンに取り込む

    こんにちは♪ 水木@青デポです。

     ちょっと文字ばかりの記事になるんですが、ビデオ編集に興味のある方は読んでって下さい。

    今、店頭でSandyさんを使ったパソコンを店頭展示してるんです。
    ざっと製品仕様を書くと以下の通りです。

    CPU:Core i7 2600 3.4GHz(3.8GHz) ← これがSandyさんね
    メモリ:8GB DDR3-1333
    HDD:1GB SATA
    チップセット:P67 Express(MSI社製マザー)
    グラフィック:GTX460 1GB OC
    OS:Windows7 Home 64bit

    このパソコンに、動画編集系では有名な「ペガシス社」の最新ソフト
    TMPGEnc Video Mastering Works 5 体験版
    をインストールしてエンコード時間を計ってみました。

    7分強のAVCHDデータを2つ(計15分)を、何の編集もせず、単純に繋げてDVD画質にエンコードしたら何分くらい掛かるかなぁ?
    というテストです。

    よくあるシチュエーションだと思うんです。

    例)
    持ってるビデオカメラはフルHD画質対応の最新型。
    でも録ったビデオを焼き増しして配る相手(主に自分と嫁の親兄弟)は、
    ブルーレイ対応プレーヤーなんて持ってなくて、DVDにしなきゃいけない。せっかく高画質で録っても、DVD画質に落として配ると言う無駄。


    で、最新のパソコンとソフトだったらどれくらいでエンコードできるのかなぁと思ってやってみました。

    なんと 15分のエンコードが11分30秒で完了しました!

    劇的に速いですよ!!

    我が家じゃ単位が「分」じゃなくて 「時間」ですもの。

    この結果にピンと来ない方のために、最近の王道的なデスクトップパソコンで比較してみましょう。

    PC-VN770某N●C製 デスクトップパソコン
    CPU:Core i5 450M 2.4GHz
    メモリ:4GB DDR3
    HDD:1TB SATA
    チップセット:HM55 Express
    グラフィック:チップセット内臓
    OS:Windows7 Home 64bit

    よく見かけるイマドキの一般的なデスクトップパソコンです。

     これでまったく同じソフトを入れて、同じ動画を同じ条件で作ってみると、
    15分のエンコードで26分30秒掛かりました。

     これでも一昔前のパソコンと比べたら大したもんです。ですが、最新のSandy Bridge搭載のパソコンはその半分以下の処理時間で済んでしまう訳で、

    どんだげはえんずよ!?

    と叫びたくなる感じです。(津軽弁ですがフランス語っぽくは無い

    これ、単純に掛け算にはなりませんが、目安として考えたなら、
    1時間の動画をエンコードする場合は、今回の結果を4倍すると目安になります。

    我が家のパソコンもさすがに買い替え時だなぁ・・・(泣




    人気ブログランキングへ ブログパーツ


    さまざまなジャンルのカメラが入荷!
    防犯カメラ・スパイカメラ・ドライブレコーダー等など。

     最近通販でさまざま売られているカメラ達を遅ればせながら仕入れた感じなんですが、通販で送料掛けて買うよりは、送料なしで現物を見て購入できる店頭販売もいいものです。

    FS-MD600FS-PDV200FS-KDV200FS-DTS100
    FS-CDV100FS-SST600











    FS-WD302BKFS-WD301SVFS-RDV100FS-SST200FS-WRC40011

    他にも掲載しきれないカメラがお待ち致しております♪



    人気ブログランキングへ ブログパーツ

    VHSや8ミリビデオテープなどの映像をパソコンに取り込んで、
    編集・DVD作成できる

    PC-SDVD/U2G 4,780

    http://buffalo.jp/products/catalog/multimedia/pc-sdvd_u2g/

    時間がないと出来ない作業ですから、この連休にまとめて
    やってみてはどうでしょう時間はかかりますが、操作は、
    とても簡単です

    大切なビデオが見れなくなる前に、DVDに保存しましょう

    このページのトップヘ