パワーデポ探検隊-青森店

パワーデポ青森店のイベント情報や入荷連絡・お知らせを綴ります。

    サポート情報

    01
    先日もお伝えした「Windows10の無償アップグレード予約開始」の件
    http://ao.depolog.com/archives/51898947.html

    補足になりますがダウンロードには3GBの空き容量が必要です。
    アップグレードしてみたい場合は余裕があるか確認しましょう
    それぞれソフトウェアやドライバーは公式に対応を待ったり、
    対応版を別途用意する必要も出てくる可能性があります。
    不安な場合は
    、もちろん予約は取り消すこともできます。

    現時点PCがインストールが可能かどうかは下記のメニューに表示されます。
    ↓左上の三本線のアイコンをクリックすると表示

    upgrade2

    upgrade
    ↑この画面では問題は出ていませんが
    問題が見つかった場合デバイスやアプリは個々に対応が必要になります。

    公開が開始されるのは7月29日(現地時間)です。
    大事なデーターはバックアップを行ってからの作業をおすすめします
    インストール作業に不安がある方は、アオデポにお気軽にご相談下さい

    tabletlecture
    ====
    今月も毎週土日に無料のタブレット教室を開催しております!

    開催日時:土・日 10:30~11:30(1時間)

    6月6日(土)定員4名: まだ空きがあります!
    6月7日(日)定員4名: まだ空きがあります!

    内容:
    ・タッチ基本操作
    ・インターネット検索
    ・googleマップを使ってみよう 他

    受付電話番号: 017-765-4000 (パワーデポ青森店)
    ※タブレット教室に参加したい旨お知らせください。

    ====

    格安SIMを買って手軽にスマホの機種変更する方も多いと思います。
    キャリアメールが使えないというのもありますが、皆さん使う事が多いのはLINEですよね。

    格安SIMでLINEアカウントを引き継ぐ時はここに注意!
    ※ここの記載は全てandroid版を前提にしています


    1)LINEにメールアドレスを登録しないで移行すると、
    友だち登録全てなくなります

    事前にメールアドレス登録しましょう。
    ただし!docomo等から格安SIMに移行する場合、@docomo.ne.jpのキャリアメールのアドレスでは絶対に登録しない事。
    格安SIMに移行するとdocomoやau等のキャリアメールが使用できなくなる為に、引き継ぎができなくなってしまいます。
    docomo等のキャリアメールアドレスで登録している場合はgmail等の他のメールアドレスに登録し直しましょう。


    2)格安SIMにするならSMS対応SIMを選ぶ

    LINE初回起動時にはSMSで認証作業があります。
    SMS非対応SIMの場合、初回の認証できません。使用する機器以外にSMSが使える端末を持っている場合はそちらで認証する事もできますが、使う機器がSMS対応していた方が何かと楽です。

    その他注意する事として、メールアドレス登録してアカウントを引き継いでもトーク履歴は消えてしまいます。事前にバックアップする事もできますが、ちょっと技が必要な上にややこしい。
    具体的なやり方はここの「トーク履歴をバックアップ(保存)するには?」と「バックアップ(保存)したトーク履歴を復元するには?」をご覧ください。

    でもこの方法でやるにしても、バックアップしたトーク履歴ファイルを別の機種に移行する場合は一度SDカードに保存したり、クラウドに転送したり、メールで転送したり(バックアップファイルは大抵容量が大きいのでメールできない事も)する必要があります。ややこしいんですよ。
    だからみなさん結構トーク履歴は消しちゃってるみたいですけどねー。

    「遅い!」と思ったら、どういう時に遅いのかを切り分けましょう。

    代表例:
    1)電源を入れてWindowsが立ち上がる前(黒い画面)の進みが遅い
    2)Windowsが起動し、マウスカーソルが表示されてから普通の操作ができるまでが遅い
    3)特定の操作をすると遅い
    4)何をしていても遅い


    この例1の場合はHDD不良、故障の可能性があります。
    データやシステムを保存しているHDDが自身のデータをうまく読み込めず、読み込み・失敗を繰り返すと黒い画面でやたら時間がかかるようになります。
    修理目安、2万円半(店頭修理できる場合)~6万円(メーカー修理)。
    場合によっては買ったほうが安いですねこれは・・・

    メモリー(愛の)

    ↑メモリー。これ最近のノートパソコン用です。


    例2は、メモリーが不足している場合、悪意のあるプログラム(アドウェア)が入っている場合、システム不具合の場合、根本的にパソコンの動作速度限界の場合等が考えられます。
    メモリー不足ならメモリーの増設(価格は機種・容量によって違いますが数千円~)、悪意のあるプログラムが入っている場合(店頭作業1万円台前半~)、システム不具合の場合は修正・もしくはWindowsの再インストール(~1万円台)。
    案外よくあるのが、ウイルス対策ソフトが2つインストールされているケース。
    ウイルス対策ソフトは1つだけで大丈夫です。2つ入れると動作が遅いだけではなく、Windowsが正しく動作しなくなる事もあります。しかも2つ入っているからといって片方を削除しようとしても削除自体もうまくいかなくなったり。

    例3の場合、その操作が何かによりますが、負荷のかかる作業の場合はメモリー不足の可能性(機種・容量によって数千円~)、パソコン自体のパワーが低い可能性(パソコンの買い替え必要になりますねこれ)、ゲーム等の場合はグラフィックボードのパワー不足の可能性もあります(1万円台~)。

    例4、何をしても遅いなら・・・上に書いた全ての可能性が捨て切れない気がします。

    大体の切り分けで、パーツの増設で済む話なのか、プログラム上の障害なのか、故障なのかを切り分けできます。参考までにひとつ。

    ちなみに・・・お持ち込みいただけば店頭で調査します。詳細調べる必要が無い限り切り分けまでは無料ですから是非とも!(お預かりになる場合もあります。詳しくはお預かり時に!)

    使っている方ならご存知かもしれませんが、
    Android4.4(Kitkat)では、SDカードの書き込みが一部を除いて使用できません。
    ダウンロードしたファイルを保存したり、SDカードに入れていた音楽を消したり、という行為が一切不能になっています。

    ssqRuS9jtTnANafJhj7aAMYlx4OtrOJUdOhPZPpMcX4


    これ、GoogleがわざとSDカードに対しての書き込みを禁止した為にこんな事になっています。しかもAndroid5では解除されているようなので、4.4.xのみの「仕様」です。
    セキュリティ上の話らしいですが、使用者側としては使い勝手悪い事には違いありませんが仕方がない。

    私も自分でSMBで共有かけているNASからFolderSyncというアプリでファイルをダウンロード・同期させようとしてこの問題にぶち当たりました。書き込みしようとするとパーミッションエラー、アクセス権が無いと弾かれます。(結局同期アプリを使っている以上回避方法が無いので、メインストレージに保存する事にしました)

    回避という訳ではありませんが、ファイルの削除・移動をするファイラーアプリでは現状「File Commander」だけがSDカード内のファイル操作ができるようです。


    ちなみに・・機種によりますが、端末にプリインストールされているカメラアプリで写真の保存先をSDカードにする、というのは出来たりします。
    特定のGoogleに許可されたアプリのみ大丈夫って事ですねえ・・この仕様面倒くさー・・

    電源が入らないとか、起動しないパソコンのデータが欲しい!というケース、よくあります。
    HDD自体が壊れていない限り結構どうにでもなる事が多いので、まずお持ちください。
    店頭で可能な限りデータ抜いてDVDなりHDDなりにバックアップしますよ!

    LhjjGCZX-lCSPn2yjvqLTnj77QTo5HEvRODvQD2GW_I


    ちなみに・・

    ちょっと分かる方なら「PCから取り出したHDDをUSB外付けケースに入れてもいいんじゃね?」
    って思う方もいらっしゃるかもしれません。
    もしくはケースに入れないにしても変換ケーブルがあるのでそれで新しいPCに繋げたり。

    確かにこれでも大丈夫なのですが、

    が!

    今どきのOSはセキュリティが強固で、他のPCで使っていたHDDを新しいPCにつなげても、
    認識はするもののデータにはアクセスさせてくれなかったりします。(アクセス権が無い)

    アクセス権もダブルクリックで取得できればいいのですが、環境によっては取得できない事もしばしば。

    そういう時はお持ち込みください。店頭で強制的にアクセスできるように変更できます。

    joPZPoma7i1YAeA3jZMDuwA2MbK-amtX-hCm9ABBp7M

    昔のIDE接続のHDDでもどんとこーい!

    昨日より、ノートンを使用しているPCにて、
     IEが動作停止する、起動しない、開かない
    問題が発生していましたが、解決したようですので
    お知らせします。

    ◆問題が発生するPC環境...
     OS: Windows Vista/7/8
     ブラウザ: IE9~IE11
     セキュリティソフト: ノートン インターネットセキュリティ使用(360含む)


    ・「ノートン」更新でIEに障害、修正ファイルを配布

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150221-00000055-asahi-bus_all
    昨日、午後7時半ごろ、アップデートで解決したようです。
    https://support.norton.com/sp/ja/jp/norton-core/current/solutions/v108623038_EndUserProfile_ja_jp?inid=hho_supp_supp_iecrashes

    先日お伝えしていたLenovo製品にマルウェアの件です。
    ・Lenovo、Superfishの自動削除ツールを提供開始
    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20150221_689474.html
    こちらより
    http://support.lenovo.com/jp/ja/documents/HT102635

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    本日のPC.Watchの記事より
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ”Lenovo製品にマルウェア搭載で同社が対策を開示”
    2014年9月から12月にかけて出荷されたLenovo製コンシューマ向け製品に
    「Superfish」と呼ばれるセキュリティ上問題のあるソフトがプリインストール
    されていたことが明るみに出た。
    同社は2月19日(米国時間)付けで、現在ではその搭載を停止していることを
    発表するとともに、プリインストールされていた場合の対策を開示した。
    以下URL参照
    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20150220_689306.html

    対象となる製品は、G/U/Y/Z/S/Flex/MIIX/YOGA/Eシリーズと、コンシューマ向けの
    PC、タブレットの大多数だが、ThinkPadシリーズは含まれないとのこと。

    VisualDiscoveryのアンインストール方法
    コントロールパネル-プログラムのアンインストールと変更より「VisualDiscovery」を削除。
    なお、「注意:削除後アプリケーションの再インストールができません。」というメッセージがでるようですが、VisualDiscoveryを再インストールする必要はなさそうなので、サクッとアンインストールするのが良さそうです。


    上記作業がやり方が不安、『VisualDiscovery』が入っているかどうかわからないという方は
    お近くのパワーデポへご相談ください。

    確定申告をしようとしてe-Taxを開いても「このページは表示できません」表示から進まないというケースがあります
     
    -----------------------------------------------------
    e-Tax及び確定申告書等作成コーナーに接続できない事象について
    -----------------------------------------------------
     
    この場合、ブラウザーのTLSを有効にすると回避できます。

    例・InternetExplorer9の場合
    InternetExplorerを起動し、右上の[歯車アイコン]をクリック
    [インターネットオプション]→[詳細]
    [TLS~] にチェック
    [OK]を押す

    これで開くようになります。


    どういう事なのかと超ざっくりご説明すると・・・
    最近、従来広く使われていた通信の暗号化技術(SSL)にセキュリティ上の問題が発見されました。
    e-Taxだけでなく他のセキュリティが必用なWebページも SSLを使っていたのですが、
    世の中的に「SSL使うのはヤバイんじゃね?」となって、最近はより新しい仕組みの TLSのみに対応したサイトが増えました。
    という事があったので、e-Taxは TLSに対応していないブラウザーでは表示できなくなりました。
    全てはセキュリティの為です。仕方がない。

    ちなみに・・上に書いた方法で、TLSの周辺にある [SSL~] の項目のチェックを外すと、SSLのセキュリティ問題も回避できます。が、SSLにしか対応しないページは表示できなくなります。痛し痒し。いとしこいし。

    ちょっとパソコン詳しい人だと、
    「パソコンちょっと重いからスタートアップ止めてみよう」とか、
    「悪さするプログラム入ったみたいだけどどれが原因か調べてみよう」

    という時に MSCONFIG を使います。
    しかーし!
    Windows7までは普通にあったのに、Windows8/8.1の MSCONFIG はスタートアップ設定が結構変わっているのです。

    Windows8でMSCONFIGを実行。
    スタートアップタブを選ぶと・・

    win8 msconfig

    無い。
    タスクマネージャーにあると。


    じゃあタスクマネージャー立ち上げて・・・
    スタートアップ。

    windows8 タスクマネージャスタートアップ

    あった。
    ・・けど、どこの何のファイル実行しようとしているのかが表示されていない。
    項目をダブルクリックしても出てこない。

    Windows7のMSCONFIGにはありましたよこれ。


    で、実はこれ、表示出せるんですよ。

    windows8 タスクマネージャスタートアップ3


    [名前] の上で右クリック。メニューから [コマンドライン] にチェック。
     これだけ。
     
    最初から表示してくれてもいいのにねえ・・って思うよねこれは。

    タブレットやスマートフォンで、テレビ等の外部モニターに接続できる機種あります。
    大画面で動画やゲームができる・・と思ってみたら全てが表示できる訳ではないようです。

    機種やアプリによって違うと思うのですが、1つ具体例としてソニーの TV SideView

    これはBlu-rayレコーダーに録画してある番組を外出先や家庭内Wi-fiで接続したタブレット・スマートフォンで再生できるアプリなのですが、これが再生できない。1~2秒は再生しますがすぐ「外部デジタル出力使用時は再生できない」という内容のエラーが表示されて再生が停止。せっかく録画した番組をスマートフォンに入れ、車のHDMI入力のあるナビに接続して暇な時に見ようと思ったらこれですよ。
    どういう事だ?と思って調べてみると、ゲームなんかでも出力できない物があるようです。アプリ次第なんですねへえー。

    DCIM4242


    MHLやSlimPort等のHDMI外部出力変換アダプター、便利ですけど実は使えない場合もあるって事で。オレ覚えた。

    このページのトップヘ