パワーデポ探検隊-青森店

パワーデポ青森店のイベント情報や入荷連絡・お知らせを綴ります。

    サポート情報

    あまり気にしてない方多いのですが、
    ポータブルHDDと、普通の外付けHDDって違うんです。

    外付けHDD2つ

    (左・ポータブルHDD 右・通常の外付けHDD)


    ポータブルHDDの特徴はこんな感じ。
    ・小さいから持ち運びに便利
    ・コンセントからの電源供給が不要。USBケーブル1本で接続OK
    ・反面、パソコンによっては電源供給が間に合わなくて動かない事がある
    ・持ち運びしやすいだけに落下の危険性が高い
    ・USB3.0接続であっても普通の外付けHDDに比べてアクセスが遅い
    ・若干割高
    ・大容量の商品が無い
    ・カラフルな商品ラインナップ

    通常の外付けHDDは
    ・USB3.0接続だとアクセスが非常に高速(商品によりますがポータブルHDDの倍は速い
    ・物理的に大きいので持ち運びには向かない
    コンセントから電源を供給する必要がある
    ・大容量の商品も存在する(3TB等)

    HDD後ろ端子


    ポータブルHDDは名前の通り、筐体自体が小さいんです。手のひらサイズですから。
    でもその反面、HDDに搭載されているモーターの回転数が低いので、一般的には動作遅めになります。
    いくらUSB3.0対応で通信速度は早くても、データを読み込み・書き込みする為に動くモーターが遅いので遅くなってしまいます。


    ●まとめ
    速度・容量・価格を重視するならコンセントを使用する通常の外付けHDD
    持ち運びを重視するならポータブルHDD


    ちなみに写真でご紹介した商品。

    I.O.DATA
    HDPC-UT1.0SB 青森店売価 9,480円(ポータブル)
    HDCA-UT1.0KC 青森店売価 8,800円(通常)
    どちらも1TBでUSB3.0対応。
    でーす。

    先週楽天からチーズケーキを買いました。700グラムを2日で食べきりました。
    チーズケーキはウマイ。レアチーズですわやっぱ。


    ウチの店頭でも売ってます、プリンターの「互換インクカートリッジ」
    安くていいんですよ。対応機種も多いですし。
    でも、以前互換インクについて書いたことありましたが(http://ao.depolog.com/archives/51789399.html
    安くて便利な互換インクにも欠点もあります。

    発色ノズルの詰まりの他に、印刷物が時間の経過とともに色あせてしまったり水に弱かったりする場合も。
    エプソンだと「つよインク」と呼んで色あせや水に非常に強かったりしますが、互換インクにはそういった特性があっても弱い傾向があります。元々耐水じゃない場合もありますし。
    また、用紙によってはインクをはじいてしまったりする物もあります。

    互換インクは「その時書類を印刷する」「今すぐ使いたいメモ書きを印刷する」という用途には向いていると思いますが、長期保存する印刷の場合は、やっぱり純正をおすすめします。

    あまりここを重視する方多くないんですよね・・
    互換インクを使っている方、今一度考えてみませんか?
    もちろん現状互換インクで問題ないということhが

    ●エプソン純正インクカートリッジを知る


    -----------------------
    今日のビンゴ!
    数字はコレ!!!!


    3!7!56!ダーーーーーー!

    3756




    おはようございます。
    ゲーセンに貢ぎすぎなメディア担当のモロ@波動ok方程式☆メガネです( ◎ω◎)ノ

    フリーソフトっていいですよね。無料なのに優秀なものが多く
    実際メディア担当もお世話になってます。

    ・・・・・が!フリーソフトをインストールする際に気をつけなければいけないことがありまする。
    それは、自分が欲しいソフト以外のものもインストールしてしまう可能性があること。

    インストールする際、いろんなチェックボックスに最初からチェックが入っている時があります。
    burogu

    これらをテキトーに「はい、はい、次へ、次へ」とやってしまうと
    「インストールした覚えが無い!なにこのソフト!?」状態になってしまいます。

    正直、上のチェックを外して気をつけてインストールするしかないので
    フリーソフトのインストールにはご注意を・・・
    中には悪質なソフトもありますので(本当です)

    それでは今日はこの辺で・・・( ◎ω◎)ノまたね

    おはようございます!パワーデポ青森店、お腹いっぱいピザ食べたいメディア担当のメガネです( ◎ω◎)ノ

    雨が降ったり病んだり止んだりで安定しない日が続きますね。
    そんな天気な中、みなさんはいかがお過ごしでしょうか?
    僕はタブレットいじってます。

    そこでひとつ最近気になったことをみなさんにご報告。
    タブレットでmicroUSBキーボードが使えないこと、ありませんでしたか?
    僕の使っているNexus7もそうなんですが、それはタブレットが『USBホスト機能』を持っていないから
    ・・・・・なのです。

    スバッと言ってしまうと、USBマウス、キーボードなどの周辺機器が使えません、ということです。
    充電や、パソコンに繋いでのデータ移動などしか出来ません。

    タブレットを購入して、キーボード等を繋ぐ予定がある方は
    その辺もチェックしてくださいね!わからない場合はお調べしますよ♪

    それでは短いですが今日はこの辺で・・・(*◎ω◎)ノマタネ
    ゆるキャラ1号

    the お盆。(じ・おぼん)

    お盆


    頑張りました。箸を怪我しないようにニッパーで切るのを頑張りました。
    割り箸って硬いっすわ。



    スマホの充電遅いと思ったことありませんか?
    充電器も余裕ある1A以上の出力使っているのに充電がやたらと遅かったり。

    原因、ケーブルかもしれませんよ?

    例えばこんな感じ。

     
    充電グラフ



    気がついたら手元にあったmicroUSBケーブルを使ってスマホを充電していたんですが、
    充電開始して数十分待っても全然充電増えません。(このグラフは撮影用に用意したので極端ですけど)

    が、
    ケーブルをいまどきのmicroUSBケーブルに変更すると、グングン充電されます。

    これはどういう事かと言うと、
    「充電用」と書かれているUSBケーブルは、急速充電に対応しているスマートフォンで使った場合、自動で急速充電モード動作できるように配線が作られているんです。
    対応していないケーブルを使うとゆっくり充電モードになってしまう為に、やたら遅いと。

    もちろん原因これだけではなかったり、モノによっては充電器側で対策されていて、どのケーブルでも自動的に高速充電になったりする物もあります。

    でももし充電が遅いと感じたら、ケーブル変えてみると幸せになれるかもしれませんよ?




    USBフラッシュメモリ子

    ↑4GBまでのご先祖様が帰れます

    今日から8月。
    青森8月といえばあれですよね!




    お 盆 で す よ ね !

    いや、青森でなくてもお盆ですけど。


    お盆期間はメーカーもお休みです。
    メーカー発送修理は時間がかかります。
    また、商品の発注もストップしてしまいますので、当店での修理も場合によっては時間がかかってしまいます。
    普通修理に2週間かかるメーカーの場合、プラス1週間合計3週間、3週間のメーカーなら約1ヶ月とか当たり前になっちゃいますので、修理・サポート等はお早めにどうぞ。
    (今からでも結構ギリギリですけどね・・・)

    納期は僕らでもどうこうできないので、お急ぎであればここんとこヨロシクお願いします。


    ちなみに・・・
    お盆は実家に帰るとか、おじいちゃんの家に行くんだ、とか、なんかそういうのありますけど、
    お盆のパワーデポは通常営業です。
     
    僕ら、おじいちゃんの家には行きません。
    カブトムシだって採らないし、プール帰りに自転車で転んで泣いたりもしません。
    だって、大人だから。

    あと今日、花火大会行ってきます!ウィース! 

    ちょっと前の機種ですが、ネットブックのASUS eeePCって流行りました。
    なかなか便利な機種なんですけど、リカバリーしようとすると難しいんです。

    なにせマニュアルにやり方が書いていない。 ← ひどい


    今回たまたま eeePC 1000HA という機種でやったのですが、この機種、

    パソコン電源投入直後から
    [F9] を連打しつつ起動すればリカバリーモード
    になる

    「はず」
     
    なのです。

    が!

    なりません。
    起動が早すぎて [F9] を押していると
    認識する時間があまりにも一瞬すぎる
    のです。

    そこで、爆速起動を止めます。


    パソコン電源投入した直後から、[F2] を連打
    するとeeePC のロゴが表示され、すぐに BIOS設定の画面になります。

    ここで上に並んでいる
    Main / Advanced / Security / Boot / Exit
    の項目をキーボードのカーソルキーの左右で移動し、[Boot]を選択

    カーソルキーの上下で一番下の
    Boot Booster の項目で Enter を押し、
     [Disabled] に変更して、 Enter。

    その後、カーソルキーで Exit を選択、
    Exit & Save Changes で Enter。

    これで爆速起動が止まります。

    その後、パソコン電源投入のタイミングで、
    [F9]を連打してると、やっとリカバリーの画面に。

    長い!


    爆速起動に戻す場合は、リカバリーが終わった後にでも
    Boot Booster の項目を [Enabled] にすればOK。


    起動が早いのはいいけど、何かするときに困るのはねえ・・・
    どうなんすかねえ・・

    WindowsXPのパソコンをリカバリーしていて気づいた事がありましたので、ここにしたためます。
    ええ、シタタメますとも。射しのペンでそっとあなたに書き綴りたいですよ。(うしろゆびさされ組・かしこより)


    WindowsXPをリカバリーした後にWindowsUpdateかけますよね。
    するとあるタイミングから、Windows終了しようとするとこのエラーが一瞬発生するようになる事があります。


    ---------------------------
    dwwin.exe - DLL 初期化の失敗

    (X) ウィンドウ ステーションがシャットダウン中であるため、アプリケーションが初期化に失敗しました。
    ---------------------------

    警告音とともに出ますが、これ一瞬しか出ないし、何のエラーなのか分かりづらいんですよ。

    結果から言うと、Adobe Readerがインストールされていると出る(事が多い)症状です。
    (dwwin.exe自体はドクターワトソンというWindowsのシステムです。胡散臭い名前ですが、昔からあるエラー調査の為のプログラム)

    回避方法
    Adobe Readerを起動し、
    [編集]→[環境設定]→[インターネット]→[PDFをブラウザに表示]のチェックを解除


    これがなぜ回避かというと、Adobe Readerを更新すると同じ症状になっちゃうんですよ・・・
    今回は Adobe Reader 7でこの症状発生したのですが、最新版にするとまた同じ症状が発生するという。

    Adobe Reader以外に問題がある場合もありますので一概には言えませんが、昔のパソコンをリカバリーして終了時に警告音が鳴るようになった場合、やってみてください。


    かしこ。

    Windows XP で Kingsoft Internet Securityを使用している環境で、
    6/12更新の WindowsUpdateを適用するとブルースクリーンエラーが発生するという症状が発生しています。


    Kingsoft Internet Securityをご利用の方へ重要なお知らせ

    ---------------------------------

    セーフモードで起動後、更新プログラムをアンインストールいただくことにより、Windowsが正常に起動します。

    手順は次の通りです。

    1.コンピュータの電源を切ります。
    2.コンピュータの電源を入れた直後、キーボード上の「F8」キーを何度か押してください。Windows拡張オプションメニューが表示されます。
    3.「セーフモード」を選択します。
    4.コンピュータがセーフモードで起動されます。
    5.「スタート」→「コントロールパネル」を選択します。
    6.「プログラムの追加と削除」を選択します。
    7.「更新プログラムの表示」にチェックを入れます。
    8.Windows XPセキュリティ更新(KB2839229)を削除します。

    ---------------------------------

    この作業をした後に、手動でKingsoft Internet Securityを更新すれば完了です。

    現時点で既にKingsoft側の対策プログラムがリリースされているので、今後はこの症状の発生はないと思われます。
    6/12から症状が発生している方、上記リンク先を参照してみてください。

    ・・そこの刑事さん、年寄りの戯言と思って聞いてくだされ・・

    無線LAN子機に付いている「アクセスポイント機能」は意外にPC本体に負荷をかけるのじゃよ。
    特に古めのパソコンだと処理が遅い分負荷が大きいのじゃ。

    アクセスポイント機能とか、ソフトウェアルーター機能とも言うのじゃが・・・


    ●ノートPC WindowsXP (Celeron 575-2GHz)の場合

    ソフトウェアルーターを有効にした場合・・

    AP起動時























    何もしていない状態でもこのように常時10~20%前後使用しているのじゃよ。


    ソフトウェアアクセスポイント機能をオフにすると・・・
    AP止めた
























    ほれ、グラフが下がったじゃろ。

    各社によって制御しているアプリケーションの名前は違うのじゃが、例えばバッファロー製だと、
    ソフトウェアルーター設定ツール(SoftAP)
    というアプリケーションを止めると良いのじゃ。


    ふぉふぉふぉ。
    為になったじゃ・・あ、なに、いやそんな・・刑事さんそんな何するんで・・
    冗談ですって。何にも悪いことして・・・いやイタタタタ!!!

    Windowsを入れなおす、リカバリーディスク。

    昔のパソコンを購入すると付属してきましたが、最近のパソコンには付属しません。

    これは、どこかのキーを押しながら起動すると、リカバリーディスクを入れなくても内蔵HDDのリカバリー領域からリカバリーが開始されるHDDリカバリー方式になっているからなのですが、便利で高速な半面、HDDが故障するとリカバリーができなくなってしまう問題があります。

    もちろんメーカーに発送すればできますが、非純正HDDに交換した場合はリカバリーしてくれないので、高額な純正HDDと工賃を払わなければいけなくなります。
    例えば当店でHDD交換とリカバリーで直った場合3万円で直った場合でも、メーカー修理だと倍の6万円とか普通。

    こうならない為にも、メーカー製パソコンはリカバリーディスクを作ってください。
    NECや富士通の場合、方法はマニュアルに記載されています。もし記載が無くても、ASUS製パソコンなんかは画面の目立つところに表示されます。

    大体DVDで3~6枚、BDであれば1~2枚位。
    ディスクの作成時間は数時間かかります。余裕のある時に作業してください。

    リカバリーディスク















    最初1回だけですし、後々の事を考えてバックアップオススメします。

    またその際は、安いディスクではなく、信頼性のあるブランド品のディスクに保存しましょう。
    いざという時に読み込みできない!となってはいけませんし。

    最近多いのが、
    フリーソフトをインストールしたら
    一緒に別のソフトもインストールされてしまって、
    それ以後動作がおかしくなった、という相談。

    しかも相談された方によっては意図しないプログラムがインストールされたという事自体に気づいていなかったり。


    例えばこのウィンドウ、ちょっと前のバージョンの DAEMON Tools Lite(海外のフリーソフト) をインストールしている最中に表示されたんですが、
    「Baidu IME」を入れますか?というメッセージです。

    DAEMON Tools Lite1





















    このBaidu IME、中国の百度(バイドゥ)という会社が作った日本語変換プログラムです。

    (このプログラム自体をインストールしても特に問題が無いのか、それとも悪さをするのからインストールしてはいけないのかは私が実際に調査している訳ではないので判断できませんが、これをネットで検索すると色々と評価が出てきますので興味のある方は検索してみて)
     
    こういう画面が表示されているのに気が付かなくて、このまま「次へ」を押してしまうとこのプログラムがインストールされてしまいます。
    この場合、ここで単純に「同意する」のチェックボックスのチェックを外せば、それだけでBaidu IMEはインストールされません。


    同じく DAEMON Tools Lite のインストール画面で、
    「Tuneup Utilities 2012」も表示されました。

    DAEMON Tools Lite2





















    これも同じく、チェックボックスのチェックを外せば大丈夫。インストールされません。


    インストールしてしまうと、削除が簡単にできなかったりシステムが壊れてしまったりする事があります。
    フリーソフト(特に海外のもの)はインストールする時に注意しましょう。

    バックアップ用にHDDを買ったものの、HDDにデータが入らない

    という相談受ける事があります。

    例えば1TBのHDDに、8GBのデータが入らない、というように空き容量は問題ないはずなのに、容量が無いというエラーで止まってしまうというような。

    データ何も入れてなくてがら空きなのに・・と不思議がられるのですが(そりゃそうだ)、
    これ、HDDがFAT32フォーマットされている時に発生します。
    昔の規格のFAT32では1本で4GBを超えるファイルが入らない仕様なのです。

    メーカーの工場出荷時に初期化されている方式によって FAT32 と NTFS という2種類が存在する為ややこしくなっているのですが、別にWindowsだけでしか使わないし、容量大きいファイルが入る方がいい、というのであれば、フォーマットしなおして、NTFSにしちゃいましょう。


    注意:
    Macでも使う人はFAT32のままじゃないとWindowsとのやりとりできなくなってしまいます。
    フォーマットするHDDのデータは「全て」消えます。
    フォーマットするドライブ名は絶対に間違えないようにしてください。


    Windows8での操作

    1)[コンピューター]を開き、NTFSにしたいドライブを右クリック
    2)メニューから[フォーマット]を選択

    NTFSに1






















    3)フォーマットウィンドウで[開始]をクリック
     
    NTFSに2




























    あとは数分待ってフォーマットが終われば、NTFSでフォーマットされたHDDを使用できます。


    -------------------------------------
     
    ※本当はフォーマットしない方法もあるのですが、アクセスのパフォーマンスが悪くなる上にコマンドプロンプト操作が必要で難易度が上がる為、手っ取り早いフォーマットでご説明しました。
     買ったばかりの外付けHDDがFAT32でしか初期化されていない場合なんかにやってみてください。

    もちろんこういう症状の原因はひとつふたつじゃあないんですが、
    こんな例がありましたよ、という事で。


    WindowsXP + Internet Explorer8 の環境で、IE8を起動するとウィンドウが表示された直後にウィンドウ自体が閉じられてしまう、という症状でご相談がありました。
    こういう症状の場合、IEのアドオン(IE自体ではなくてIEが便利に使えるようにするサードーパーティー製プログラム。Yahoo!ツールバーとか)に不具合がある事が多いんです。


    [スタート]→[アクセサリ]→[システムツール] にある、
    [Internet Explorer(アドオン無し)]
     
    を実行して普通にIEが使えるようだと、この可能性高い。


    アドオン無しのIEを起動したまま、
    [ツール]→[インターネットオプション]→[プログラム]→[アドオンの管理]を選び、
     
    1



























    怪しそうなプログラム無効にしていきます。

    2



















    何のプログラムが原因かわからないので、トライアンドエラー繰り返しましょう。

    もし原因のプログラムが特定できたら、そのプログラムの更新 or 使わないならアンインストール。


    意外に簡単です。にんじゃりばんばん。

    Windows8でHDD内のファイルを検索する時ってどうしてます?
    私は専用のファイル管理ツールを使っているのであまり使う機会がなかったのですが、
    こういう使い方できるんですよ。


    スタートを開いて検索ワードを入力すると、自動的に検索モードになりますが、
    ここで

    更新日時:2013/03/14 ]

    と入力した後にファイル欄を押すと、
    左に3/14日に更新したファイルがずらーっと並びます。
     

    ファイル検索
























    もし、「この日より後」とか「この日より前」という指定をしたければ、


    [ 更新日時:>2013/03/14 ] ・・3/14より新しいファイルを表示
    [ 更新日時:<2013/03/14 ] ・・3/14より古いファイルを表示


    という表記もできます。


    実は色々できたんですねえ。
    これ、Windows7でもできますよ。お試しあれ。

    Cドライブの空き容量が足りなくて
    Windowsの動作に支障が出ている方、結構いらっしゃるようです。
    Dドライブは全く使っていないのに・・というかDドライブの存在も知らなかった!って方もいらっしゃいます。

    実際にこのような相談多いんですが、
    不要なドキュメント類や写真、使わないアプリケーションを削除・移動したところでほとんど空き容量変わらないんですよねえ。

    こういう症状を根本的に解決するなら、
    HDDのパーティションを区切り直しちゃいましょう!



    どういう事かというと・・

    パーティション操作
















    こんな感じ。
    超殴り書きですいません。


    コンピュータ(XPはマイコンピュータ)を開いた時に、CドライブもDドライブも[ローカルディスク]と表記されているなら、普通は1台のHDDを2つに区切っていますので、ここをもう一度余裕のある容量で区切り直せば良い、という事。
    (ローカルディスクがCドライブしかない場合は・・残念ながらこの方法は無理)


    通常、CドライブにはVISTA以降の場合120GB以上、XPの場合80GB位あればいいんじゃないでしょうか。
    空き容量は最低1GBは確保したいところ。

    この作業を当店にて行う場合、お預かり作業 5250円になります。

    サポートカウンターにて承っております・・・が!
    年末年始は修理サポート、大変混み合って時間がかかっておりまして・・

    納期は要ご相談で・・お願い・・します・・・。 おおぅ・・・・

    色々な理由あると思うんですが、
    PC本体にUSB機器を繋げて認識しなかった場合、
    中にUSBハブを1つ接続すると認識するかもしれません。



    USB機器を接続した時、デバイスマネージャーに
    「不明なデバイス」と表示される
    「USBデバイスが認識されていません」というメッセージが表示される

    このような時は、
    ダメ元ですので下記のように

    USBハブの使い方





















    USBハブを通してみましょう。
    実際これで認識できるようになったケースが何例かありました。

    どうしてもダメならお試しあれ。


    ※本当はUSB機器ってPCに直接差し込むのが一番安定する、って言いますけど中にはそうでも無い場合もあるようです。相性でしょうな。

    Windows8、皆さん使っています?
    プリインストールの機種ではなく、お持ちの機種にアップグレードインストールされた方の中には、ドライバーやアプリケーションのインストールに苦労された方も多いのではないでしょうか。
    すんなり動く機種だとなにも問題なく簡単なんですけどね。


    機種によって症状が違ったりするのでこれなんとも言えないのですが、
    メーカー側でWindows8対応を謳っているのにインストール出来ない場合、
    手間はかかりますけど一度リカバリーをした後に、
    改めてWindows8にアップグレードしてみると良いかもしれません。


    実際にあったのは、Windows8のアップグレード中にこの画面出て起動しなくなったり・・・

    20121104_160201



















    ↑インストール中にこれ。すっげえ焦った


    アップグレード成功したのに、
    デバイスマネージャで「!」マークが消えなかったり・・・
    ドライバー更新したら無線LANに繋がらなくなったり・・・

    結局上にも書いた通り、Windows7でリカバリーした後にメーカーの言う手順通りに
    Windows8にアップグレードしたら、ちゃんと使えるようになりました。

    今はもう安定していますが、環境によって同じようにインストールができない方、
    一度リカバリーからやってみましょう。かなり面倒ですけどねえええ・・・。

    11月29日!
    いい肉の日であり、盗んだバイクの行方を知っている尾崎豊の誕生日です。

    そういえば小学6年生で盗んだバイクで走り去ってた同級生、どうしてっかなぁ・・・
    造道の本屋さんの角でニコニコした顔でバイクにまたがり「よぉ!」って言われたのが最後の記憶なんですけど・・
    絵がうまい奴だったなぁ。


    プリンターで印刷していて、
    「今まで印刷していた色となんか違う」
    って思ったりしたことありませんか?

    画面の色と印刷の色が違うのはある程度仕方がないのですが、
    今まで印刷していたグレーが赤っぽくなったり、
    黄色が緑がかったり、
    確かに印刷はされているんだけどちょっと色が違って印刷されちゃう。

    これ実は純正インクじゃなく
    互換インクを使った場合によく起こります。
    更に、純正・互換を混在させて使ったりすると余計発色がおかしくなったりします。

    純正インクより安いので互換インクを使われる方多いのですが、
    もし、
    写真やイラストを印刷しているのであれば、
    純正インクをおすすめします。
    (もちろんふつうに書類作ってる位とか、ネットの画面を印刷する位っていうであれば互換インクでもOKです)

    --------------------------------------------------------------------

    せっかくなので互換インクについてちょいとばかし。

    やっぱり安いんですよね、互換インク。価格は下のような感じ。
    インク並べ














    メーカーで詰め替えている互換インク(真ん中)は、上記の発色以外それほど問題はありません。
    しかし、右の自分で詰め替えるタイプ(注射器みたいなのでチューってするやつ。チューって。)はゴミが入ってしまう可能性があり、あまりお勧めできません。

    プリンターのヘッドは非常に細かいノズルのかたまりです。
    例えば最新のプリンター CANON MG6330 を例にすると、
    数センチのヘッド中に合計 6656本のノズルがあります。

    ヘッド















    もちろん1本1本は目に見えない大きさです。
    自分でインクを詰め替えた場合、作業中に目に見えないホコリでも入ってしまうと、
    このノズルに詰まってしまって故障する可能性があります。
    (詰め替える時なんてインクカートリッジに穴開けるんですし)

    ヘッド故障した場合、一般にメーカーでの修理が必要です。
    そう考えると・・詰め替えはどうかなぁー。確かに詰め替えインクは安いんですけどね。
    需要もあるので店でも一部置いてはいるんですけど、お勧めはやっぱり純正かなぁ。


    と、年賀状シーズンぽい事と盗んだバイクについてのお話でした。 
    あ!11月29日は林家ペーもバースデイ!おめでとう!! 

    私、18日のブログにて、「郷ひろみさんの誕生日」という言葉を書きました。

    それ以後、本日に至るまで、青森店のブログに流れ着く方々の検索ワード、
    第一位以下が

    「郷ひろみ」「誕生日」「郷ひろみお誕生日」で
    占められるという事態になってしまいました。

    間違ってこのブログにたどり着いた方、これもご縁です。当店をよろしくお願いします。
    あと、全国のブログ担当者の方、PV数の伸びを求めるなら郷ひろみさんです。

    ※18日のブログとは違って郷ひろみ「さん」を付けているのは、
    もしかしてこれがご本人に伝わって、郷ひろみさんサイドから何かいい事が
    (あれ?急にサインが送られてきたぞ・・等)起きないかとか思っているからです。
    あからさまです。いやらしいです。でもそれが私という人間です。

    ----- 与太話終了 --------------------------------

    いよいよWindows8の発売日が本当に目の前までやってきました。
    今一度使っているドライバー類の対応をチェックして備えましょう!

    ■主要周辺機器メーカーのWindows8対応一覧■

    アイ・オー・データ

    バッファロー

    エプソン

    キャノン

    プリンストンテクノロジー

    エレコム

    ロジテック

    サンワサプライ


    ざっと見ると「対応」「これから対応予定」という物が多いみたいです。

    問題ありそうな商品では、TVチューナー類は対応厳しい様子。
    アイオーデータでは従来のTVチューナーがほぼ非対応なので、Windows8対応の新モデルが発売になっています。
    メディアセンター絡みならしょうがないのかもしれませんねえ。

    また、バッファローの無線LANは親機の動作は問題無いものの、現行商品でも子機がこれから対応する予定になっている商品がいくつかあるようです。
    (それに伴って親機・子機セットモデルの一部が「対応予定」止まりだったり)

    光学ドライブはドライブ自体は認識して動作するけど付属のライティングソフトが非対応という物も。
    外付けHDDやUSBフラッシュメモリーも、ストレージ自体は認識しても、添付しているおまけソフトが動かないというパターンもあるようです。
    これはもちろん使わないなら問題無いと思いますが、使っているようであれば要確認。


    出荷時期によって同じ商品でもドライバー類の更新が不要な場合もありますので、
    Windows8にする予定の方、OSを入れる前にドライバーのチェックを!

    このページのトップヘ